中 央 林 間 内 山 自 治 会


Last updated 2018-09-21

A C T I V I T Y _ R E P O R T S

活 動 報 告

地域体育祭で内山自治会”優勝“

 平成30年度中央林間地区自治会体育祭で内山自治会が優勝しました。10月7日8時30分から中央林間地区の8自治会での体育祭が開催され、23の競技が行われました。そのうちの9種目が自治会対抗競技で、1位が3種目、2位が3種目、3位が1種目、4位が1種目、8位が1種目で、総合点で優勝となりました。今年は新人選手を多く起用したにもかかわらず、優勝でき、来年以降にも希望が持てる結果となりました。当日は天候が良く、32~33度という季節外れの気温になって、参加者全員が暑さに苦しめられましたが無事終了することができました。今年は参加者が多く、午後の競技は時間が大幅に伸びて、終了したのは4時15分頃でした。その後、片付けを行い、5時過ぎからご苦労さん会が行われ、初めて参加の父母の方々もいて、優勝の祝宴は大いに盛り上がり、昼間の競技に加えて更なる親睦が図れ、内山の絆が一層深まりました。優勝カップに下げられた優勝履歴を調べたところ、過去20年で内山自治会の優勝回数が9回とずば抜けて多いことが確認されました。
今後も更にチームワークを高め、優勝を重ねられたらすごいですね。

広報部

内山ふれあい祭で義援金呼びかけ

 内山ふれあい祭で「北海道胆振東部地震」への義援金の呼びかけを行いました。本部に募金箱を置き、皆さんに呼び掛けたところ、23,294円が集まりました。集まったお金は社会福祉法人神奈川県共同募金会大和市支会にに届け、「北海道胆振東部地震」への義援金として活用して頂けるよう依頼しました。

広報部

H30年度「内山ふれあい祭」盛況裏に行われる

 自治会役員をはじめとする関係各位の協力により、「内山ふれあい祭」~ すばらしい内山の絆 ~ が盛大に無事行われました。
 自治会の1年振りの大きな行事とあって、いつもの通り準備にも気合が入っていて、手伝いにも多くの人が参加してくれました。天候を考慮して、準備の予定日が若干変更されたものもありましたが、無事準備を終え、予定の9月22日(土)を迎えました。
 しかしながら、今年も天候の関係で1日延期せざるを得なくなり、9月23日(日)に実施されました。23日は絶好の日和で、人の出足も良く、山車・神輿の主役である小学生中高学年の参加も多く、地域内を巡行し、祭り会場に元気に戻ってきました。巡行に参加した子供たちから「すげえ楽しかった」との声が聞かれ、昨年より高学年の子供たちが多かったせいか、最後に広場で神輿をもんだ時も、元気がだいぶ残っていたように見えました。
 16時30分に「内山ふれあい祭」の開会の宣言があり、各模擬店も一斉に販売を開始しました。その後の各催し物も、多くの観客を集めて大いに盛り上がり、大きな歓声の中で進んでゆきました。メインイベントの輪踊りでは、毎週の練習会で練習を積んできた人たちを中心に、踊りをリードしていましたが、厳しい見方をすると残念ながら昨年に比べると少し盛り上がりに欠けていたように思われました。来年はより多くの参加が得られるよう検討を加えられることを期待したいと思います。最後に2年前からおこなわれるようになった福引ですが、今年は本数も大幅に増えて、祭りの最後を飾るにふさわしい盛り上がりを見せてくれたように思われます。
 「内山ふれあい祭」が来年も再来年も更に地域の絆を深めるべく続いてゆくように、力を合わせて行きましょう。

写真は後日アップします!

広報部

2年に一度の宿泊防災訓練終了

 中央林間小学校を指定避難所とする4自治会(内山、北、つきみ野、スカイハイツ)による2年に一度の「宿泊防災訓練」が6月16、17日に実施されました。幹事自治会は持ち回りで、今回は北自治会が担当でした。16日の13時に発災という想定で、内山自治会は先ず最寄りの一時避難場所(中央林間幼稚園、ほうえんさま公園、緑の広場36号、48号の4か所)にそれぞれ避難し、そこから防災本部が設置される予定の「緑の広場36号」に移動し、各地区ごとに避難者を確認し、指定避難所である中央林間小学校に避難しました。約70名の人が避難者名簿に署名し、訓練の全体説明があった後、4グループに分かれてそれぞれの訓練場所に移動しました。この日の訓練は、初期消火、救急救命、起震車体験、可搬式放水ポンプ取り扱い、の4種類で全員真剣に取り組んでいました。4種類の訓練を体験した後、5時半から防災食とトン汁での夕食を取り、7時から防災専門家の中林氏による「災害時の避難行動と避難所運営について」という講和を3時間にわたり聴講し、宿泊体験に入りました。

 今回の宿泊体験者は約25名ほどで、小学生の参加も多かったようです。2日目はラジオ体操、朝食の後、大和市の危機管理課による防災に関する〇×ゲームなどを行い9時半ころ散会しました。訓練の翌日に大阪北部で震度6弱の強い地震が発生し、かなりの被害が発生しましたが、災害への備えの重要さを改めて認識したのではないでしょうか。

齋藤会長談:若いお父さん、お母さんの世代が少なかったように感じます。宿泊体験訓練を土日に設定しているので、是非次回は参加して頂きたいと思います。

広報部

内山自治会総会のご報告

 平成30年4月14日(土)13時から中央林間コミセンで内山自治会の総会が開催され、13時から平成29年度決算総会が、14時30分から平成30年度予算総会がおこなわれた。決算総会では、事業報告、決算報告、平成30年度役員の選任等が提議され、ほぼ全員の賛成で可決された。また、予算総会では、平成30年度事業計画、予算案、の審議がおこなわれ、これもほぼ全員の賛成で可決された。それに引き続き、平成30年度役員紹介、班長・組長の役割説明等がおこな

われ、平成29年度決算総会、平成30年度予算総会共に無事終了した。以下に関連資料を掲載します。

LinkIcon平成30年度自治活動へ

広報部

恒例のお花見開催!!

 4月7日(土)14時から2時間半ほどの間、桜の散歩道で恒例のお花見が開催された。今年は気候不順の関係で桜の開花が早く、思い川桜も雨情しだれも満開を過ぎていたが、かなり花が残っていて、参加者は十分お花見を楽しんでいたようだった。参加者数はいつもより多く59名で、自治会員相互の親睦を深める目的は十分達成されたと思われる。加えて、地域の小中学校校長先生、国会議員、県会議員、市会議員の諸先生の参加もあって、一層会が盛り上がっていたようだ。

広報部

更 新 履 歴

2018.10.19
サイト更新
2018.9.21
サイト更新